脱毛を抑制する効力がある|薄毛治療でコンプレックスと決別を|継続は力なり
紳士

薄毛治療でコンプレックスと決別を|継続は力なり

脱毛を抑制する効力がある

メディシン

発毛効果が高い

代表的な薄毛としてAGAのことが知られており、専門の治療薬にプロペシアがあります。東京のAGA治療をしている病院であれば、多くの場合でプロペシアによる治療を実施しています。最近ではプロペシア以上の効果があるとされるザガーロについて、厚生労働省の承認を受けたために東京の病院で購入できるようになっています。プロペシアよりも抜け毛の要因となるDHTの生成力を抑制できるザガーロは、薄毛で悩んでいる人の多くに支持されています。イギリスの製薬会社が作ったAGA治療薬で、プロペシアよりも1.6倍の発毛作用があることがわかっています。このためにプロペシアでは効き目を実感できなかったときに、ザガーロを服用している人が多くなっていると考えられています。

新しいAGA治療薬です

従来までのAGA治療薬であるプロペシアは、ヘアサイクルを乱す原因となるDHTを生成している5αリダクターゼの働きを抑えられる特徴を持っています。ただし、プロペシアに含まれるフィナステリドは、5α-リダクターゼの1種類のみにしか効果がありません。ザガーロに含まれているデュタステリドは、5α-リダクターゼの2種類に対して抑制作用があるために、脱毛症を抑える高い効果があることが認められています。ザガーロの服用は最低半年ほどの期間は継続したほうが良く、東京のクリニックであれば医師に相談しながら治療を進められるメリットがあります。専門医と話し合いながら服用できるために、体に異変が生じたとしてもすぐに対応してもらえます。ザガーロはどこの病院でも取り扱っているわけではなく、東京の専門病院に行く必要があります。